【あなたは大丈夫?】仮想通貨の税金の勘違いについてシンプルに解説

 

✔ この記事はこんな方におすすめ!

  • 「仮想通貨投資始めたいけど税金怖いな。。」
  • 「税金ってどれくらい稼いだらかかるんだろう?」
  • 「少額なら税金ってバレない?」

 

 この記事はそんなあなたの疑問に答えます。

 

✔ ︎本記事の内容

 

仮想通貨運用3年目、新卒でIT企業にエンジニアとして就職。
株式投資や仮想通貨周りを中心に発信。

こういった僕が、実例をベースにわかりやすく解説します。

 

仮想通貨投資を始めたくない大きな要因は税金の複雑さにあると思います。

このシリーズでは、そんな超めんどくさい税金問題をシンプルに解説してみます。

 

①「税金が難しいから副業で稼ごう」は大間違い!

 

なぜ、税金の複雑さを理由に仮想通貨より副業を選ぶのが間違いなのか?

結論からお話しします。

  

それは、仮想通貨も副業も雑所得で課税されるから。です。

 

✔ 詳しく解説

税金の内容をつらつらとここで話しても長くなってしまうので、簡単に。

 

雑所得は、本業の給料とそれ以外の収益を合算した金額に税金がかかります。

つまり、本業以外の収益であれば仮想通貨でも副業でも同じなのです。

 

また、「副業は20万円を超えなければ税金を払わなくてもいい」

という話を聞いたことがあるかもしれませんが、

 

これは嘘です。

 

副業および仮想通貨の収益が20万円を超えなければ確定申告は不要ですが、
住民税は1円でも収益があれば納めなければなりません。

 

税金を払わないといけないか不安な方は市役所や近くの税務署に電話してみましょう。

丁寧に教えてくれますよ😌

 

一点だけ気を付けておきたいこと

仮想通貨の税金処理には取引の記録が必要です。

 

しかし、ほとんどの取引所では取引の記録を出力することができるので、
それを使えば問題ないと思います。

 

結局は「いくら収益がでたか」を正確に知りたいだけですので、
それがわかれば大丈夫です😙

 

取引の記録だけ気をつけておけばそんなにハードルは高くないです。

 

②「売らなければ税金はかからない」はデマ!

続いてはこのテーマについて。

売る以外のどんな場面で税金がかかるのか?

 

仮想通貨において税金がかかる場面が3つあります。

  • 仮想通貨を売却して利益がでた場合
  • ほかの通貨と交換して利益がでた場合
  • 仮想通貨を使って何かを購入した場合

 

✔ 詳しく解説

1つ目はみなさんもご存じの通り。

 

2つ目はマネーロンダリング的なことができてしまうのを防止するためですね。

交換する場合は注意が必要です。

どうしても交換する際には一度現金化してから、
ほかの通貨を購入するのもひとつの手だと思います。

 

3つ目は現金では考える必要のない場面なので、知らない方が多い印象を受けます。

僕自身も最初は決済に税金がかかるとは全く想像もしませんでした。

 

売却以外にもほかの通貨との交換や仮想通貨での決済も税金の対象になります

 

通貨の交換も取引所の記録に載ってくると思いますので確認してみてください。

もしくは、初めから売買のみの取引にすると決めておくなども有効ですね😊

 

③海外取引所を使えば税金がかからない?

最後はこのテーマ。

本当に海外取引所を使えば税金がかからないのか?

  

答えは、

海外の取引所でも日本に住んでいる時点で税金はかかるです。

 

✔ 詳しく解説

海外に税金を納めている方の場合はまた状況が異なってくるかもしれませんが、

日本に納税している方は例外なく納税の対象になると思います。

 

海外の取引所を使って少額の取引ならバレないんじゃないかと

思う気持ちもわからなくもないですが、、

 

仮想通貨取引を行う際はきちんと税金を納めるのが一番です

 

いざという時のため、クリーンにしておいた方が身の為です😌

びくびくしながら生活するのもよくないですしね。

 

✔︎ 最後に

今回ご紹介した内容はコンテンツ作成時点での内容です。

今後改正される可能性もありますのでご注意ください。

 

先行者優位という言葉がありますが、早く始めれば他人より経験を積めます。

余剰資金で小さく始めてみましょう!

 

投資は自己責任ですので、無理のない範囲で!